2013.08.19

伸び悩むホームページを活かすには?効果的なリニューアルのお話

AUTHOR

もりちーのWEBもりもり

ホームページ(WEBサイト)はあるけれど、どうも成果につながらない。
お問い合せ数や契約数、商品の販売数といった目標を、うまく達成できていない。
このWEBサイト、本当に必要なの?運営するだけ無駄じゃないの?
WEBサイトの効果が上がらないときは、こういった悩みを抱えてしまいがちです。

WEBサイトの運営が企業の一部である以上、WEBサイトは成果をあげなければいけません。
しかし、伸び悩んでいるWEBサイトをそのまま運営し続けても、成果は出ないままです。
こういった場合は、WEBサイトを効果的にリニューアルして
もう一度WEBサイトに力を与えるのがよいでしょう。
今回は、WEBサイトの効果的なリニューアルについてお話します。

WEBサイトは放置しても成長しない!

成果が頭打ちになっているWEBサイトを、そのままにしてはいけません。
本来の力を発揮できるよう、より成長できるようにテコ入れする必要があります。

規模の大小問わず、テコ入れは手間のかかる作業です。
ですが、効果のないWEBサイトを放置することこそ、コストの掛かることであると言えます。
伸び悩むWEBサイトを放置しておいても、伸びることはありません。
手を入れなければ、ずっと伸び悩んだままです。

頭打ちになっている時間は、短ければ短いほどよいです。
問題解決のため、WEBサイトをより良くするリニューアルを行います。
できるだけ早い段階でWEBサイトの向かう方向を修正し、WEBサイトを成長させましょう!

リニューアルの際は、WEB制作会社へ相談することをおすすめします。
第三者の視点からWEBサイトを客観的に評価し、的確な対策を打ち出さないと
問題を根本的に解決したとは言えません。
社内だけで話し合いをし、問題を解決することは非常に難しいです。
こういうときこそ、外部の目が必要になります。

リニューアル方針を考える

まずは、何のためにWEBサイトが存在するのか?
サイトが向かうべき目標や、ゴールは一体どこなのか?という
根本的なところから見つめ直します。
そして、アクセス解析なども参考にしながら、WEBサイトの現状を把握しましょう。

  • お問い合せや商品購入を行う前にユーザーが離脱してしまう
  • 末端のページまで見られていない
  • 見てほしいページのアクセス数が少ない

など、具体的な問題が浮き彫りになるはずです。
問題を解決するにはどうすればよいか、リニューアルの方針を考えます。

WEBサイトが抱える問題を解決する

WEBサイトが抱える問題を見つけることができれば、あとは対策を打つだけです。
WEB制作会社と協力し、問題解決に取り組みましょう。
問題が分かれば解決方法はいくらでも考えることができます。
自社のWEBサイトに適した方法で、改善を図ります。

リニューアルの成果は、改善を行ったその日、一気に現れるものではなく、ゆっくりと現れてくるものです。
リニューアル後も継続して、アクセス解析をしっかりと行いましょう。

トラックバック

http://dis.ne.jp/blog/webmori/4205.html/trackback

戸田@ドアズ社長ブログ

  • No items
PAGE TOP