2011.01.27

電子書籍のフォーマット

AUTHOR

徐々にその地位を確立しつつある電子書籍ですが、フォーマットやらデバイスやらが乱立してて良く分からないので、覚え書きとして自分なりにまとめてみました。

■フォーマットについて

電子書籍として読むことができる代表的な仕様は下記になるでしょう。

EPUB
・・・電子書籍の標準化団体IDPF(http://www.idpf.org/)によるフォーマット。海外においては事実上の標準と考えられる。
iPad/iPhone,Google eBook,Sony Reader,Nook  など

AZW
・・・Amazon のフォーマット。 Kindle Store 専用と言ってよいと思う。
Kindle

PDF
・・・今さら説明は不要ですね。電子書籍の流れで、また最近脚光を浴びてきました。
Adobe Reader など

Apps
・・・各アプリのことです。日本含め、多くの電子書籍購入サービスで独自のアプリが開発・配布されているようです。各々に対応したアプリのダウンロード・インストールが必要です。

SWF
・・・Flash で作成されたファイル。本のメタファーで制作されていることが多いようです。
Flash Player

●日本独自の仕様として

XMDF
・・・シャープ(株)(http://www.sharp.co.jp/)が開発したフォーマット。ブンコビューアというソフトが必要。シャープ製品には大体入っている。
電子出版とXMDF技術(PDFファイル)

.book
・・・(株)ボイジャー(http://www.voyager.co.jp/)が開発したフォーマット。専用のビュワー「T-Time」が必要。

■各フォーマットの閲覧について

代表的なデバイスから閲覧可能なフォーマットを表にしてみました。

デバイス 対応フォーマット
Kindle :AZW/PDF
iPad/iPhone :EPUB/AZW/PDF/.book
Sony Reader :EPUB/XMDF
Nook :EPUB/PDF
PC :EPUB/AZW/PDF/.book/XMDF
Android :EPUB/AZW/PDF
携帯電話※1 :PDF/.book/XMDF
GALAPAGOS :.book/XMDF

※独自調べなので間違ってたらすいません。※1携帯電話系は機種により機能が異なるのですべて適用される訳ではありません。

■PCで各フォーマットを確認する方法

PCで各フォーマットを閲覧したい場合は、それぞれ下記のようなリーダーをインストールすれば閲覧可能です。代表的なソフトを集めました。

EPUB・・・EPUBReader(Firefoxのアドオン)/Adobe Digital Edition

AZW・・・Kindle for PC

PDF・・・Adobe Reader

XMDF・・・ブンコビューア

.book・・・T-Time

■EPUBに注目!

EPUBやAZWが日本語に対応していないため、日本ではXMDFや.bookなどの独自のフォーマットかAppsやSWFでの配信が主流になっています。しかも、XMDFや.bookは法人契約・利用料金が必要らしいです。EPUBはXHTMLとCSSベースのフォーマットなので(新しい技術を一から覚える必要がない!)、WEB制作者なら、非常に馴染みやすいのではないでしょうか。EPUBの次のバージョンが文字の縦組み/日本語対応になるのではないかという情報もあるので、そうなれば一気に広まる可能性が高いですね。

EPUB作成には Google が無償で配布している「Sigil」というソフトがあるので、まずはこれで色々作ってみると面白いのかなと思います。

制作の時の留意点とか色々あるようなので、機会があればまとめてみたいと思います。

トラックバック

http://dis.ne.jp/blog/topics/1870.html/trackback

戸田@ドアズ社長ブログ

  • No items
PAGE TOP